心療内科医の役割と求人市場について


確実に需要が増加する心療内科医

人には精神や心と呼ばれるものがあり、ここに何か問題が生じると、それが身体にも影響を及ぼすことが多々あります。
医師は患者の身体に問題を発見しそれを治療していくことが主な仕事となりますが、心療内科医の場合には、精神的な部分や、その患者を取り巻く環境などにも目を向けながら治療を行なっていくことが求められる、やや特殊な職種であると言えるでしょう。

精神的な負担により身体に症状が出てきてしまった、そうした人たちの治療とケアをすることが、心療内科医に任された大きな役割なのです。

精神的な健康を意味する「※メンタルヘルス」という言葉。

※厚生労働省による「みんなのメンタルヘルス総合サイト」
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/


これも非常に一般化してきている昨今。
それは、ストレス社会であることが当たり前となり、その状況が人々の精神や心に悪影響を与えることが珍しくなくなってきたからなのかもしれません。

これからも心療内科医の需要は増加し続けるでしょう。
ストレス社会が当たり前になってきていることに加えて、高齢化が極端に進んでいることもその背景にあります。

更年期障害や認知症、老年期鬱病など、年をとることで現れる症状についての治療も心療内科が請け負うことになりますから、確実に需要が増すと予想されているのです。

  専門医の資格があれば有利に転職が進む

  同じように心や精神の部分の症状を緩和させる役割を担う「臨床心理士」の存在

現在が転職には最適なタイミングかもしれません

現在心療内科医として働いている医師はもちろん、この分野へ転科しようとしている医師にとっても、転職のタイミングは現在がベストであると言えます。

求人市場をチェックしてみると、ある程度の求人数が出ていることがわかるでしょう。
選択肢が多くある状態であり、条件や待遇のいい医療施設への医師転職が可能な状況にあるのです。

これからこの分野の需要が急激に高まり、それを実際に肌で感じるようになれば、他の分野から心療内科へと転科してくる医師も増えると予想されます。
将来独立開業しやすい分野でもありますから、選択する若い医師も増えることになるでしょう。

そうなると、求人市場では医療施設の争奪戦が激化し、条件や待遇のいい病院やクリニックへの転職が難しくなると考えられます。

ある程度の求人数はあるけれども、非常に選びやすい状態である現在、まさに心療内科医が転職する、あるいはこの分野へと転科するのにベストな時期であると言えるのです。

メンタルヘルスの分野は、知識や診療スキルが身につけやすいことでも知られています。
もちろん転科後すぐに活躍できるわけではないかもしれませんが、働きやすさや将来性という部分では非常に魅力的なのではないでしょうか。

より良い勤務環境へと転職することを目指すのであれば、この絶好のタイミングを逃さないようにしたいものです。

  心療内科医に転職すると得られる他のメリットとは?

  身体的疾患の治療~心のケアまで行う心療内科医に求められることとは?